シボガードってどんな商品?

シボガード

シボガードは食後に上がる中性脂肪を抑えるサプリで、メタボ予防に効果的です。
脂分など脂肪の多いものを食べた時に、脂肪を抑えることができる為、
機能性表示食品であり、シボガードに含まれる成分(ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール)が中性脂肪を抑える働きが証明されています。
シボガードは、モリモリスリムなどの健康食品でも知られるハーブ健康本舗から販売されています。

「機能性表示食品」とは?

機能性表示食品とは、その食品に含まれている成分が科学的根拠を基にその機能が証明されており、消費者庁に届出されている食品のことです。
シボガードの場合は、ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)がその成分にあたり、中性脂肪を抑える機能が証明されています。

肥満予防に!シボガードの3つの効果とは?

シボガードには次の3つの効果が期待できます。

血糖値の上昇を抑制する

食事で糖質を摂取した際、体内で分解された糖質(ブドウ糖)は血液に取り込まれます。
その為、食後は血糖値が高くなるのですが、糖質を摂りすぎるとその状態が続いてしまいます。血糖値が高い状態が続くと、肥満の原因となります。
シボガードは、食後の血糖値の上昇を抑制し、肥満の予防をサポートします。

血中中性脂肪の上昇を抑制する

シボガードに含まれるターミナリアベリリカ由来ポリフェノールは、血中中性脂肪の上昇を抑える効果が臨床実験により確認されています。
血液中に中性脂肪が多い状態が続いてしまうと、脳梗塞や心筋梗塞を招く可能性があるため、それらの予防ができます。

メタボ(メタボリックシンドローム)予防ができる

シボガードに含まれるターミナリアベリリカ由来ポリフェノールには、体重の上昇を抑える効果が確認されています。
また、メタボリックシンドロームの症状を改善する効果が期待できるため、肥満・メタボ予防に効果的です。

シボガードに副作用はある?

シボガードのみを服用した際の副作用は確認されていません。
尚、医薬品を服用している場合は、相互作用による副作用が起こる可能性もあるので、注意が必要です。常用している薬などがある場合は、医師に相談しましょう。
また、シボガードは妊娠中の方を対象として作られていない為、妊婦の方にはおすすめしません。

シボガードがおすすめな人

肥満予防

シボガードは以下の人におすすめです。
  • 脂肪の多いものをよく食べる・お酒を飲む
  • 運動をあまりしない
  • 中性脂肪が気になる
シボガードは、特に食べ過ぎがちな方の肥満予防におすすめです。
尚、シボガードを飲む事で痩せる(脂肪や体重が減る)というわけではありませんので、そういった効果を期待する方にはおすすめしません。

シボガード商品情報

シボガード

分類
機能性表示食品(届出番号B44)
原材料名
還元パラチノース、ターミナリアベリリカ抽出物、セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素
機能性関与成分
ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)
販売者
株式会社ハーブ健康本舗
内容量
120粒(約1ヶ月分)
摂取量
1日4粒※ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)20.8 mg